2021.09.7
Uncategorized

一人親方の労災保険

まず労災保険とは、仕事中や通勤途中の事故で怪我をしたり

業務が原因で病気になったりした場合に

労働者や遺族に保証を行う制度で

一人でも従業員がいる場合は、加入する義務があります。

一人親方の労災保険

一人親方の労災保険の加入は任意となっています。

ですが、加入することによりメリットは様々です。

✳︎メリット✳︎

加入する事で受けられる保証は他の労働者と同じになるので

労災で怪我をした場合も保険適用となります。

また、労災で入院などする事となり

仕事を休まざるえなくなってしまった場合も

申請した給付基礎日額に応じた休業補償金が日数分支払われます。

万が一、後遺症や死亡してしまった場合にも保証が発生します。

*一人親方労災保険に加入できる条件*

1・労働者を使用せず、法人・個人問わず一人で仕事を請け負っている

2・労働者を使用する場合であっても、労働者を使用する日数が合計1年間に100日未満で

請負契約で仕事をしている

(アルバイト雇用が1年間のうち100日を超える場合は該当しません)

3・労働者を使用せず、法人(会社)で役員のみで仕事をしている

*費用*

加入金 5,000円(新規加入時のみ)

年会費 5,000円

委託手数料 3,000円

上記表の給付基礎日額が万一の労災事故時

給付される給付金の計算の基になります。

休業保証は、給付基礎日額の80%です。

まとめ

一人親方が労災保険への加入は可能であり

手厚い保証もあるので、建設業で一人親方として働くのであれば

加入は必須になってくるのではないでしょうか。

モトチョク問い合わせ

グーグルフォームURL

https://forms.gle/FdPELysBwtqapoVP8

Instagram URL

https://www.instagram.com/seibu.official